資料のご請求
衛星授業の体験
特別招待講習のお申し込み
入学のお申し込み
説明会参加希望
 
はボタンをクリック

Point 1 最強の講師陣が君を合格に導く 授業

最高の授業へのこだわり

講師は選りすぐりの受験のプロ。つまずきやすいポイントやその攻略法を熟知しているので、授業のわかりやすさは折り紙つき。
なぜ、そうなるのか」「どう考えればよいのか」にこだわった授業です。

Point 2 君を熱誠指導でリードする 担任指導

モチベーションを高め、持続させる

担任による面談で、最適な学習方法を共に考えます。さらに担任助手が中心となり学習状況の確認をします。「熱誠指導」でモチベーションを高め維持するとともに、合格までリードする存在が「担任」です。

Point 3 短期間で確実に知識を君のものにする 学習システム

君の1年を3倍にする

約10,000種類ある授業のすべてを配信しているので、個別に受講でき、一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。さらに、自宅受講や1.5倍のスピード再生が可能なので、時間を最大限に有効活用することができます。

Point 4 学習履歴が一目で分かる 学力POS

toshin academic ability Point Of Study

学力POS」という、学習管理システムがあります。学力POSを活用することで、確認テストや講座修了判定テストの受験ができるほか、模試の成績も閲覧可能です。また、ご父母の方にも登校状況や受講進捗状況、模試の結果をご覧いただけるので、お子様の努力を見逃すことがありません。

慶應義塾大学
総合政策学部 総合政策学科
合格

S さん

自分は家族から浪人はしないで欲しいといわれていて今回浪人することなく志望校に合格することができました。 東進の先生方から自分にお勧めの大学や学部、そして勉強方法などを教えてもらいとても参考になりました。東進は受講や解説を一回だけではなく何度も見れたり、巻き戻って考えることができるのも多くの強みだと私は思っています。ですのでわからないところが出てきた際には戻って考えを繰り返しそれでもわからないのなら先生方に聞いてみたらいかがでしょうか慢心しても焦ったりもしないで今自分にできることを考えて一歩を踏み出してください。

慶應義塾大学
法学部 法律学科
合格

K さん

私がこの受験を通して一番に感じたことは英語の重要性です。一番に活用すべき東進のツールは高速基礎マスターです。高マスでは単語を短時間で効率的に覚えられるだけでなく、発音やアクセントといった受験生がおろそかにしがちなものを定着させることができます。高マスで足りない部分を市販の単語帳や熟語帳で補ってください。英語は一日でも読まないとなまっていってしまいます。どんなに忙しくても一日一題はこなし、単語や熟語もノルマを決めてやりきるとよいと思います。 このような地道な勉強をくりかえしていくことで確実に英語力はついていきます。

早稲田大学
政治経済学部 政治経済学科
合格

I さん

私が考える東進の利点は、自分で考えて自由に学習が進められること、毎日早くから開いていること、授業がかなりわかりやすいことだと思います。毎日早くから開いていること、授業のわかりやすさによって集中できる環境が手に入るのはやはり大きいことでした。東進には難関大学を目指す人のための「過去問演習講座」があります。これは、大学の過去問を解く際に、採点サービスに解説授業もついているかなり有効な志望校対策のためのツールです。解説は東進の有名講師の方々が担当しており、理解のしやすさは折り紙つきです。時間は有限です。後悔することがないようにしてください。

名古屋大学
法学部 法律・政治学科
合格

N さん

毎日のサッカー部の練習で忙しく、塾に来れない日も多々ありました。しかし、多忙な日々でも、東進の自宅受講の制度や高速基礎マスターを有効活用出来たおかげで、毎日コツコツ勉強することができました。部活を引退してからは、自分に不足する部分を学校の先生や校舎長や担任助手と整理できたので、スムーズに勉強に移行することができ、夏に結果を出せました。このことが自分のモチベーションになり、伸び悩んだ時期も、「結果は出せているから大丈夫だ!」と信じて乗り超えました。また、東進の過去問演習講座は自分の苦手部分を無くせるとてもいいシステムでした。このおかげでセンター模試の成績が飛躍的に伸びました。

中央大学
総合政策学部 国際政策文化学科
合格

S さん

どんなに逃げたくても逃げられないという状況の中で、自然と自分を見つめなおす機会が増えていきました。 受験期真っただ中にいる時はただただ辛いだけでしたが、終わって振り返ってみると、自分が人生のとても大切な時間の中にいたことに気づきます。 見えない未来に希望は持てないかもしれませんが、成長期間だと思って踏ん張って欲しいです。

青山学院大学
理工学部 情報テクノロジー学科
合格

K さん

入塾当初は部活を理由に、週に一回来ればいい方でした。しかし夏休みになって先輩方が必死になって勉強している姿を見て自分も頑張ろうと思い、それからはどんなに疲れていても毎日来校することを心掛けました。受験勉強に疲れてしまったとしても”とりあえず”東進に行くことをオススメします。担任助手の先生から何かいいアドバイスがもらえるかもしれません。

立命館大学
総合心理学部 総合心理学科
合格

F さん

東進に入るまであまり勉強というものをしてこなかったので、大学の受験勉強をやっていけるのかとても不安でした。しかし、東進に入ると勉強する環境が整っており、集中して取り組むことができました。僕は、東進の授業はわかりやすく受講することは好きでした。僕は、12月の最後の模試まで第一志望C判定すら取ったことはありませんでしたが、そんなことは気にせず東進に来て勉強し続けたことで第一志望に合格することができました。

上智大学
文学部 ドイツ文学科
合格

K さん

模試後の面談では今後何をすればいいかなどの的確なアドバイスをもらうことができました。東進の講座は予定とほとんど同じペースで進んでいると、最後のほうで焦って適当に受けてしまうことがあるので、予定より早く進める方がいいと思 います。 この目標にたどり着くまで、自分の勉強してきたことは間違っていたのではないかと何度も思いましたが、やはり、無駄な努力はなかったと今振り返れば思います。最後まで自分を信じて目標に向かって突き進んでください。

資料のご請求
衛星授業の体験
特別招待講習のお申し込み
入学のお申し込み
説明会参加希望
 
はボタンをクリック